資産運用

2020年のトラリピ運用実績【年間約120万円の利益でした】

私は入金額600万円で9通貨ペアをトラリピ運用しています。

2019年の10月から運用開始したので、初めて年間の運用実績をまとめることができるようになりました。

この記事では2020年のトラリピ運用実績を紹介する内容になっています。

マネースクエア

2020年の利益総額は約120万円

2020年の各通貨ペア毎の決済額累計を表にまとめました。

通貨ペア 決済額累計
USD/JPY 103,564円
EUR/JPY 175,645円
EUR/USD 106,403円
AUD/JPY 202,524円
AUD/USD 90,955円
AUD/NZD 10,454円
NZD/JPY 154,719円
NZD/USD 127,520円
CAD/JPY 267,478円
合計 1,239,262円

AUD/JPYとCAD/JPYが優秀ですね。

一方でUSD/JPY・EUR/USD・AUD/USDはイマイチ。

AUD/NZDは2020年9月28日に登場した通貨ペアなので、決済額累計は当然一番低いです。

年間で約120万円の利益なので、1ヶ月あたり約10万円の利益。

学生時代にアルバイトで月10万円程度稼いでたので、そう考えると約10万円の不労所得ってかなり大きいですよね。

600万円の元手に対して120万円の利益ということは、年利20%という驚異の数字。

ただし、120万円に対して確定申告で税金が掛かっちゃうんですけどね。

私のトラリピ設定は次の記事で紹介していますのでご覧ください。

トラリピで毎月5万円の不労所得を目指す【設定&運用実績公開】

1日中為替を見る時間が無い! 相場の予想なんて難しくて無理! 「もっと上がるかも」といった欲が取引の邪魔をする! FXで運用されている方の、こんなお悩みを解決する記事になっています。 私と同じ資金&設 ...

2020年のマイナススワップ

2020年のマイナススワップを表にまとめました。

通貨ペア マイナススワップ
USD/JPY ー28,951円
EUR/JPY ー6,707円
EUR/USD ー14,970円
AUD/JPY ー352円
AUD/USD ー33,478円
AUD/NZD 0円
NZD/JPY ー4,780円
NZD/USD ー38,176円
CAD/JPY ー1円
合計 ー127,415円

AUD/NZDはキャンペーン期間中なのでスワップ0です。

USD/JPY・AUD/USD・NZD/USDはマイナススワップが大きいですね。

特に、USD/JPYとAUD/USDは決済額が小さい通貨ペアだと先ほど紹介したのを踏まえると、マイナススワップが足を引っ張っているとも考察できます。

2020年のプラススワップ

2020年のプラススワップを表にまとめました。

通貨ペア プラススワップ
USD/JPY 12円
EUR/JPY 292円
EUR/USD 3円
AUD/JPY 8円
AUD/USD 0円
AUD/NZD 0円
NZD/JPY 82円
NZD/USD 5円
CAD/JPY 565円
合計 967円

高金利通貨ペアで運用しているわけではないので、プラススワップは微々たるもの。

特筆すべきはCAD/JPY。

決済総額が優秀&マイナススワップが小さい&プラススワップが大きいという一石三鳥な通貨ペアなのでトラリピ向きだと分かります。

 

マネースクエアの口座開設申し込みは次のバナーからどうぞ。

マネースクエア

2020年のATRと利益金額

通貨ペア ATR(2020年の1年間) 利益金額
USD/JPY 0.71573 811円
EUR/JPY 0.92915 1089円
EUR/USD 0.00842 8.77ドル
AUD/JPY 0.8628 888円
AUD/USD 0.00783 7.32ドル
AUD/NZD 0.00625 6.97NZD
NZD/JPY 0.79841 820円
NZD/USD 0.00709 7.16ドル
CAD/JPY 0.72884 847円

AUD/USD以外は、利益金額>『ATR×1000』となっています。

これは決済チャンスを逃していた可能性が高いことを示しています。

もう少し利益金額を低く設定しておいたほうが良かった、ということですね。

2021年の利益金額を2020年までのATRを参考に計算しなおしています。

詳細は次の記事をご覧ください。

2021年版のトラリピ利益金額を公開【ATRを元に算出しました】

私は2019年に600万円を元手にトラリピ運用を開始しました。 2021年がスタートしたのを機に、2020年のATRを加味した利益金額を再計算しました。 この記事では、トラリピ利益金額2021年版を公 ...

利益金額の設定が高かったという考えは2020年の1年間のATRを基準にした場合。

コロナショックの影響を大きく受けた2020年3月~6月の4ヶ月間を見ると、利益金額が高かったとは言い切れません。

通貨ペア ATR(2020年3月~6月) 利益金額
USD/JPY 1.02451 811円
EUR/JPY 1.22521 1089円
EUR/USD 0.10973 8.77ドル
AUD/JPY 1.28868 888円
AUD/USD 0.01142 7.32ドル
AUD/NZD 0.00839 6.97NZD
NZD/JPY 1.16474 820円
NZD/USD 0.01013 7.16ドル
CAD/JPY 1.07037 847円

全ての通貨ペアで、利益金額が『ATR×1000』を大きく下回っています。

この期間に限って言えば、利益金額は低すぎました。(利益の取りこぼしがとても多かった。)

まとめ

2020年はコロナショック、アメリカ大統領選挙など為替が大きく動く出来事が多かったです。

特にコロナショックのインパクトは凄まじかったです。

コロナショックがなかったら、年間約120万円もの利益は生み出せなかったでしょう。

2021年はどんな年になるのか分かりませんが、欲を言えばいいニュースで為替が大きく動く年であってほしいですね。

 

マネースクエアの口座開設は次のバナーから申し込み出来ます。

マネースクエア

-資産運用