資産運用

自動売買取引の116週目週間実績【トラリピ&TQQQ&マネパ】

2019年8月からスタートしたトラリピを皮切りに、トライオートETFとマネーパートナーズの代用有価証券にも投資対象を広げてきました。

この3つの資産運用はいずれも自動売買取引。

お金がお金を増やす仕組みなので、正社員として働く私の資産形成の大きな柱となりました。

この記事では自動売買取引の週間実績と、それぞれの手法について解説する記事になっています。

資産の内訳

投資対象 運用額 割合
株式
(日本・米国)
1,400万円 45.4%
FX
(トラリピ)
730万円 24.0%
先物OP
(ETF&CFD)
490万円 16.3%
現金 380万円 12.6%
投資信託 40万円 1.3%
その他
(純金積立等)
12万円 0.4%
金融資産合計 3,040万円 -

この記事を書いている2021年10月31日時点の金融資産の内訳です。

資産の半分近くは株です。(日本株と米国株)

このうち、1,000万円弱の日本株をマネーパートナーズに移管して、代用有価証券でFXの証拠金として二次利用しています。

トラリピの週間実績

売買損益:7,484円
スワップ:12円
確定損益:7,496円

先々週、先週と比べるとちょっと寂しい結果でした。

各通貨ペアごとの結果は次の通りです。

通貨ペア 売買損益 スワップ 確定損益
USD/JPY 801円 -114円 687円
EUR/JPY 2,141円 0円 2,141円
EUR/USD 0円 0円 0円
EUR/GBP 1,061円 156円 1,217円
AUD/JPY 0円 0円 0円
AUD/USD 0円 0円 0円
AUD/NZD 978円 -30円 948円
NZD/JPY 0円 0円 0円
NZD/USD 0円 0円 0円
CAD/JPY 2,502円 0円 2,502円

トラリピの運用手法

私のトラリピ運用手法は次の記事で紹介しています。

トラリピで毎月5万円の不労所得を目指す【設定&運用実績公開】

1日中為替を見る時間が無い! 相場の予想なんて難しくて無理! 「もっと上がるかも」といった欲が取引の邪魔をする! FXで運用されている方の、こんなお悩みを解決する記事になっています。 私と同じ資金&設 ...

続きを見る

トライオートETF(TQQQ)の週間実績

金利:-3,020円
実現損益:92,397円

為替が全然動かなかった分、TQQQが大きく動いてくれたので今週は絶好調でした。

FXで利益が出ないときに活躍してくれるので、組み合わせとしては最強かもしれません。

トライオートETFの運用手法

トライオートETF(TQQQ)の運用手法は次の記事で紹介しています。

トライオートETFでナスダック100トリプル(TQQQ)の運用開始

2021年1月からインヴァスト証券でトライオートETFの運用を始めました。 投資対象はナスダックトリプル(通称TQQQ)で、まずは100万円を入金してのスタートです。 この記事ではトライオートETFで ...

続きを見る

代用有価証券の週間実績

取引損益合計:0円
スワップ合計:0円
差引損益合計:0円

トラリピと同じく寂しい結果でした。

為替が動かなかったので仕方ありませんね。

取引損益 スワップ 差し引き損益
CAD/JPY 0円 0円 0円
NZD/USD 0円 0円 0円
AUD/NZD 0円 0円 0円
EUR/GBP 0円 0円 0円
GBP/AUD 0円 0円 0円

預けいている株の評価額7割を証拠金にしてFXができる代用有価証券。

配当金や株主優待目的で塩漬けになっている株を最大限に有効活用できるサービスで、トラリピに引けを取らない高パフォーマンスな運用ができています。

1万通貨単位での取引なので、1回で狙う利益金額も高いです。

そのため、今週のように決済0の週は珍しくありません。

代用有価証券の運用手法

代用有価証券の運用手法は次の記事で紹介しています。

【マネーパートナーズ】連続予約注文の方法を画像付きで解説(代用有価証券)

マネーパートナーズの代用有価証券でFXを始めたいけど、取引画面が使いづらくて連続予約注文の方法が分からない! こんなお悩みを解決する記事になっています。 マネーパートナーズに株を移管して代用有価証券で ...

続きを見る

まとめ

自動売買116週目確定利益
96,873円

今週の利益のほとんどをトライオートETFだけで占めています。

来週は衆議院選挙の結果で為替が大きく動いてくれるといいですね。

-資産運用