医療事務

男性が医療事務に転職するのは変じゃない!むしろ重宝される

  • 男だけど医療事務に転職できる?
  • 男性にとって医療事務のメリットとデメリットは?

こんなお悩みを解決する記事になってます。

私は男ですが医療事務の資格を持っていて、資格を生かした仕事を経験しました。

男性でも医療事務に興味がある方や、医療事務に転職を考えている方は少なからずいると思います。

そんな方々に向けて、男性にとっての医療事務のメリットとデメリットや、医療事務に携わる際の注意点を紹介します。

この記事を読むと、「女性の仕事」というイメージが強い医療事務の印象が変わると思います。

男性が医療事務に携わるのは変じゃない

男性でも医療事務で働くことは当然可能です。

全然変じゃありません。

むしろ、男性の医療事務は重宝されます。

理由は次の2点です。

  • 長く勤めてもらって事務長クラスまでの昇進を期待される
  • 女性だらけの環境における中和剤になる?(主観)

事務長を目指して欲しい

普通の会社と同じように医療機関にとっても、すぐに職員が辞めてしまっては困ります。

医療事務は女性の割合が非常に多いので、結婚や出産で一時的に職場から離れたり、離職するケースが多々あります。

そのため、欠員を埋めるために医療事務を募集している医療機関は結構多いです。

そのため、長く勤めてくれる可能性の高い男性を医療事務として迎えたいと考える医療機関が多いです。

そして、将来的には事務長というポストまで昇進して欲しいと考えてます。

実際に、病院やクリニックの事務長クラスになると、男性の割合が高くなります。

中和剤の役割を期待されている?

これはあくまでも主観的な考えです。

どうしても女性が多い職場は、医療現場に限らず人間関係がギクシャクしやすいです。

医療事務は女性の割合が非常に高い業種です。

そんな中で男性が1人でもいると、良い意味で中和剤の役割を果たしてくれて、周りにいい影響を与えてくれます。

女性だらけの環境に男性1人だけとなると、男性にとっては窮屈かもしれません。

ただ、雇う側の医療機関や働いている医療事務の方々にとっては、男性の存在は非常に大きいと思います。

男性にとって医療事務のメリット

男性にとっての医療事務のメリットを紹介します。

メリット

  1. 職を失うリスクが低い
  2. レセコンメーカーなどへの転職の道が開ける

職を失うリスクが低い

医療事務として数年程度の実務経験があるだけで、雇ってくれる医療機関は非常に多いです。

医療事務専門の求人サイトを見てもらうと分かりますが、初心者歓迎の求人も数多くありますが「実務経験〇年程度、事務長候補」といった求人も多いです。

先述の通り、医療事務の男性には長く勤めてもらって将来的には事務長になるのを期待されるので、実務経験のある男性は医療事務の求人に対して有利だと思います。

レセコンメーカーなどへの転職チャンスがある

医療事務に携わると、レセプトコンピューター(レセコン)や電子カルテを操作する機会があります。

レセコンメーカーや電子カルテメーカーのサポートセンターや担当営業の方と接する機会もあります。

そのような中でメーカー側と懇意な関係を築けたら、メーカーへの転職も不可能ではありません。

私の知り合いの医療事務だった方が、仕事で使っていたシステムのメーカーへ転職したケースがあります。

レセコンメーカーや電子カルテメーカーの求人情報を見てみてください。

インストラクターやサポートセンターの募集要項に「医療事務の実務経験者優遇」という条件が付いていることも多いです。

男性にとって医療事務のデメリット

男性にとって医療事務のデメリットを紹介します。

デメリット

  1. 事務長にならないと給料が低い
  2. 女性だらけの職場なので居心地が悪い

給料が低い

医療事務の求人情報を見たことがある方はご存知だと思いますが、医療事務は全体的に給与が低いです。

アルバイトやパート、派遣社員が多いため給与の平均値を押し下げているという面もあるのかもしれません。

仮にそうだとしても、正社員の給与は平均より下だと思います。

実務経験のない初心者だと、月給が十数万は当たり前です。

年収500万円とか600万円などを希望するのであれば、事務長にまで昇りつめる覚悟が必要です。

職場が女性だらけ

圧倒的に女性の割合が多いです。

「男性だらけの体育会系」もキツイですが、「女性だらけの職場」も別の意味でキツイです。

女性だらけの居心地の悪さを少しでも和らげるための方法と1つとして、オープニングスタッフを募集している医療機関へ応募するのをおススメします

まだ職場内の人間関係が構築される前の段階なので、男性が少ない環境でも働きやすいと思います。

居心地の悪さを和らげる別の方法として、男性の医師や看護師と良好な関係を築くことです。

医療事務が女性だらけでも、少なからず男性の医師や男性の看護師はいると思うので、そのような方々とコミュニケーションを取っておくと、仕事がしやすい環境が作れると思います。

男性が医療事務として働くときの注意点

医療機関は「病院」と「診療所(クリニック)」の2つに分類されます。

ベッドの数によって区別されるのですが、規模の大小で考えて問題ありません。

規模の大きい医療機関は病院、規模の小さい医療機関は診療所(クリニック)です。

規模が違うので仕事量や求められるスキルが違います。

当然、給与もそれに見合った額となるのが一般的です。

病院とクリニック(診療所)の比較

病院 診療所(クリニック)
忙しさ
業務量
求められるスキル
給与
人間関係の煩わしさ

病院は入院機能を有している所が多いので、救急搬送されてくる患者やその家族の対応、24時間体制だと夜勤があります。

診療所(クリニック)は入院機能が無いところが多いので、夜勤が無いところがほとんどです。

病院は規模が大きく人員が多いため、人間関係の煩わしさはクリニックに比べて大きいと思います。

クリニックは規模が小さいので人間関係に困りにくいかというと、そうでもありません。

家族経営している診療所(クリニック)だと、医師や看護師は家族で構成されていて、医療事務だけ外部から採用というケースがあります。

このようなケースだと、自分一人だけ部外者という状況になるので、居心地が悪いかもしれません。

こういった病院と診療所の違いを踏まえ、自分にとってどちらが働きやすいかを考えてみて下さい。

休憩時間に大きな違い

病院で勤務する場合、休憩時間は普通の一般企業と同じように1時間前後です。

一方で、診療所(クリニック)は休憩時間が長い場合があります。

最寄りの診療所の診察時間を見てもらえばわかりますが、午前の診察終了時間と午後の診察開始時間に結構間がある施設が多いです。

この時間帯は何をしているのかというと、往診をしている医療機関であれば医師や看護師は往診で外出しています。

医療事務はその間休憩時間です。

いくら男性の医療事務は重宝されるからといって、この時間を無駄にしないように自己啓発に努めることをおススメします。

まとめ

女性の職場という印象が強い医療事務ですが、決して男性が従事してはいけないといったことはありません。

事務長クラスになると男性の割合が高くなります。

給与は平均的に低めなので、事務長にまで昇進する覚悟をもって働きましょう。

医療事務として働くなら、病院と診療所の職場環境の違いをきちんと認識したうえで、どちらが最適なのか考えてみてください。

もし、診療所で医療事務として働くなら、長い休憩時間を使って自己啓発に努めて次のキャリアアップに備えましょう。

-医療事務